日記

自分へ

ムーミンが気になる

あけましておめでとうございます

この日記も年数だけで言ったら5年目になりました

社会人になって相変わらず、自分に向けての日記を自意識過剰にネットの海に垂れ流し続けていきたい

続けることが苦手で、環境の変化のせいにして色んなものから逃げてきた

生理が始まった5年生で水泳をやめて、中学に上がるタイミングでそろばんをやめて、中学卒業したらバスケをやめて、高校卒業したら弓道をやめて

でもこれだけは何故か続けられそうな気がする

喋ることも書くことも、言葉に関する全般が苦手だけど、嫌いだけど

そういうことを考える度に高校の時の小論文模試で学年4位だったことを思い出す。

今思うと私を含めた4人くらいしかちゃんとやってなかったのかも知れない。ほかの400人弱は模試中、涎を垂らして夢を見ていたような気もしてくる。(不戦勝にも関わらず両手を上げて喜んでる過去の自分が簡単に想像できて冷や汗が出た。)

じゃないとこの支離滅裂な日記たちの説明ができない。

でもさすがにもう学生じゃなくなってしまうという焦りみたいなものはあって。22年間敵だった言葉を仲間にしなくちゃいけないなと思う。

 

私の頭の中は、質もクソも無視して速さだけで言ったらウーマンラッシュアワーの村本さんくらいの速さで言葉が飛び回ってる。

そういえば年末に大宮の吉本の寄席に行った時、ウーマンラッシュアワーがトリだった。パラダイスさんの家族に体調不良者がいたみたいで、村本さん1人で舞台にでてきたんだけど

そんなことも知らないで、出てきて何事もないように喋り始めるからいつ出てくるんだろうなーなんて最初は思ってたけど、喋りに圧倒されてしまってそんなことも忘れてて、

途中でそれまで気づかなかったみたいに「っ!相方がいないっ!」てボケるのが面白かった

1番記憶に残ってるのは「指定された座席にちゃんと座って、後ろの方は空いているのに、今逆に密になってる気分はどうですか!」で会場の前方だけでドッと盛り上がったところです。

どちらかというとコマンダンテとか、キュウとか、カベポスターみたいな漫才が好きだけど

村本さんのマシンガントークが心地いいのは私の頭の中と波長が会うからなんだろうななんて今気づきました。話がそれたなーなんて考えながら書いてたけどちゃんとここに収束した。

でも実際私の口から出る言葉はその100分の1くらいで、思ってることを言葉にする手続きがでうも苦手で

これを克服しようと、思ったことを全部声にだして独り言を言ってみることにしました。結論だけいうとダメでした。3秒で置いていかれる。単語をボソボソと呟いて終わる。

村本さんになりたいのに、これじゃあ傍から見たら宮下草薙の草薙じゃないか!(これが言いたかっただけ)

 

おあとがよろしいようで。

 

 

過去の日記を読んでいて、こんなことで悩んでたことあったな、馬鹿だな自分とたまに思えるので

これからの日記もそう思えるよう期待を込めて書いていくことにしよう